×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

歴史の舞台は
   田原坂へ!!


田原坂の攻防
 明治10年3月4日。野津少将・三好少将ひきいる政府・主力軍、第1・第2旅団約15000は、田原坂・吉次峠を突破する攻撃に入った。

 2個旅団は高瀬から田原坂方面へ進軍。木葉山麓の薩軍を駆逐した後3方面にわかれ、薩軍が守る田原坂・一の坂、その東側の豊岡、木葉川沿い・田原坂西側・船底から攻め、遊撃隊は戦況に応じて両隊の攻撃の応援する体勢に動いた。

 山口少佐率いる近衛第1連隊第1大隊は、鈴麦を占領して豊岡方面へ攻めこんだが、大平からの薩軍の部隊に側面と背後を突かれて大迫大尉・外崎中尉ら戦死者を多数だして苦戦。

 一の坂を攻める青山大尉が率いる第14連隊は、一の坂を進軍。境木からの援護砲撃のもと、最初の保累を陥落させ、田原坂を一気に登らんとした。

   薩軍は塹壕や横穴に隠れて砲撃に耐えながら、政府軍が来襲すると、

「高きから射撃し、弾は雨と散り、あられと降り、進む者は必ず傷つき、退く者、必ず倒れる・・・・」

 と記録にある様な銃撃を浴びせ、政府軍を足止めし続けたた。

 午後3時ごろ、戦局が好転しない中で野津少将は岡野中佐共に木葉の本営から境木まで来て督戦。自ら酒を汲み兵士を激励したが、薩軍の勢いを覆すことは出来なかった。

 この後激しい雨にみまわれ、薩軍の反撃も弱まったかにみえたので、野津少将の一喝のもと、政府軍各隊は進撃ラッパを合図に一斉突撃を敢行。一の坂では約200メートルの距離から薩軍に砲撃を浴びせて薩軍保塁に迫ったが、薩軍は銃撃に加え、抜刀白兵戦(刀による斬り込み)を巧みにおこない、政府軍を撃退。

 結局、政府軍は田原坂一の坂・豊岡・船底への攻撃も薩軍の激しい反撃で保塁にとりつくこともできないいまま、終わっている。
 敗れた政府軍であったが、田原戦いの間に田原丘陵の西、谷を隔てた丘陵地・二股台地を占領した。
3月4日の田原坂・戦況概図
西南戦争当時、境木側から見た田原坂
西南戦争当時、境木側から見た田原坂 写真奥へ 蛇行している道が田原坂
現在の田原坂・一の坂 道の両側が一段高く道はまがり先が見えない
吉次峠の激戦
 3月4日は吉次峠でも両軍の戦闘がおこなわれている。

 野津道貫大佐(野津少将の弟)率いる二個大隊は、濃霧にまぎれて険しい道を駆け上り、薩軍・本隊が守る防衛戦を攻め、吉次峠北側一帯を占領しようとした。

 薩軍は一番大隊隊長・篠原国幹と二番大隊隊長・村田新八がこれを察知し、川尻からの増援を中核とする隊を急遽率いて政府軍の両翼へ展開。
 篠原は左翼として三ノ岳中腹から、村田は右翼として半高山山頂より午後1時ごろから政府軍を挟撃。
 政府軍は薩軍の激しい突撃に総崩れとなった。

  「官軍が右をつけば、薩軍その左に乗じ、左を打てば右射撃を以って迫り継ぐに銃剣を以ってし、次で白兵戦となり、一進一退、互い死力を尽くし、両軍とも、午さんをなすの暇なく、乱戦苦戦名状すべからざるの修羅場となった・・・・」

 と、当時の激戦を記述した文献がある。
3月4日の吉次峠・戦況概図
現在の吉次峠西の峰から高瀬方面(玉名)を望む
 午後、篠原国幹は六本楠にて緋色の外套(マント)を着し、銀装の大刀を帯刀というひときわ派手な出で立ちで陣頭に立って薩軍を指揮していた。
 吉次峠攻めに従軍していた政府軍・近衛第1連隊・江田国通少佐は篠原とは同郷で面識があり、立つ男が篠原とわかると射撃上手の者達に狙撃を命じ、数発で篠原を倒した。
 篠原を狙撃したのは、のちに村田銃を開発した村田経芳少佐といわれている。

 篠原の戦死後も薩軍の勢いは止まる事はなく、特に熊本隊の活躍はめざましく、半高山・吉事峠・耳取山を死守して政府軍の攻撃を退けた。

 政府軍は、篠原狙撃を指揮した江田少佐をはじめ多くの将校・兵卒が戦死、野津道貫大佐も弾を受け(2発は軍刀・1発は帯皮で止まる)、そのほか死傷者が続出し損害多大。このため午後三時には支えきれず敗走し、一大隊を原倉等に残して高瀬に退却した。

 政府軍、3月4日の銃弾消費量は推定・数十万発。当初の予測は5〜6万発であったので、いかに激戦であったかが伺える。そして217名の戦死者をだしている。
 この日以来、政府軍兵士は吉次峠のことを“地獄峠”と呼んだといわれる。・・・・一方薩軍では篠原の死を悼み、皆が痛惜した。しかし戦いはまだ序章に過ぎない




覚悟を決めていた篠原国幹
(一部推論)
 篠原国幹(しのはらくにもと)。元名・冬一郎、天保七年(1836年)生まれ。鹿児島城下・平町中小路に生まれる。
 藩校の造士館で国学を学び、 馬術・比志島静馬、槍術・梅田九左衛門、剣術・野太刀自顕流の薬丸半左衛門兼義と常陸流の和田源太兵衛に学んだ。
 幕末には尊攘急進派となり、文久ニ年、京で有馬新七らと寺田屋で決起したが、公武合体を進める島津藩によって鎮圧され、謹慎となった。

  明治維新の戊辰戦争では城下・三番隊長として出征。鳥羽・伏見で戦った後、新政府軍として東海道から奥羽各地に転戦。
 江戸・上野での彰義隊との戦いでは黒門口を担当。「黒門口は敵の最も要害とする所。吾人、一歩も退くこと能わず・・・・」と、西郷隆盛の撤退命令命を聞かずに攻め陥とし、武勇をとどろかす。
 明治2年(1869年)、鹿児島常備隊・大隊長となり、明治4年(1871年)に行われた廃藩置県の際では、一大隊を率いて東京で不測の事態に備え、更に鹿児島県での反乱を警戒して隊を率いて帰国進駐。 
 この時点で篠原は陸軍大佐・兵部省参謀局勤務であったが、東京へ帰還後陸軍少将に昇進。近衛局長に就任し、近代陸軍と近衛隊創設に尽力した。
 明治6年の政変では西郷の辞職に伴って軍を辞職し鹿児島へ帰郷。鹿児島士族の中心的人物・私学校幹部として桐野・村田らと監督。
 特に西郷の真意を深く理解し、政府への不満から安易に決起・反乱に逸る士族たちを戒め自嘲を促すなど、帰郷後は豪傑猛者の印象に加え、沈着冷静さを備えた人物面をだす。
明治期の肖像画
幕末期の写真
 大変に無口で潔癖な人柄で鹿児島士族達に慕われたといわれている。ともに無口で有名だった熊本士族の中心的存在・池辺吉十郎が、篠原の屋敷を訪れたとき、朝から夜まで酒をつぎ食事を共したというのに、互いに一言も口を開かず過したという逸話が残っている。それなりの事情があっての沈黙だったようだが、これだけ沈黙出来た事からして、相当に無口なことは間違いよだ。

 篠原は自嘲と忍耐で鹿児島士族の“暴発”を押さえたが、政府の再三にわたる徴発。西郷刺殺疑惑などで末端の士族達が弾薬庫を襲撃するに至りもはや押さえきれないと悟る。桐野利秋と共に「出兵やむなし」と決意。「出兵より使節団を派遣すべき」とする慎重派とは一線を画しながらも、西郷のもと薩軍を創設し行動をともにする。

 薩軍の行動を世に示すには、政府軍の九州の拠点・熊本城はなんとしても開城もしくは陥落させておく必要があると、出兵派は考えた。
 ところが熊本城は容易に陥落せず、政府軍主力の九州上陸の報が伝わる。作戦会議で篠原はまずは熊本城陥落させるべきだと張したが、慎重派の「北上し政府軍と決戦策」が採用されてしまう。

 その後篠原は高瀬会戦で薩軍攻勢中に、“弾薬切れ”だとして他の隊が戦っているにもかかわらず部隊を撤退させるという、不可解な行動にでて、吉次峠では目立つ姿で立ち、狙撃され戦死するのである。

 3月4日の篠原は、部下が止めるのも聞かず激戦の中へ飛び込んでいる。元々篠原は先陣を切ってゆく指揮官であったが、熊本隊の池辺吉十郎が驚嘆した印象を書き残しているほど、特にこの日の活躍は凄まじかったという。

 やがて華やかな出で立ちで前線に立って指揮をとる。足元へ着弾し始める。そばで5番大隊8番小隊長・石橋清八が身を案じて外套を引っ張り、引き留めるが、かまわず前進。石橋は前に立ちふさがって何とか押し戻そうとしたが、篠原の決死の覚悟を悟り、あきらめて共に立って護衛した。しかし石橋の庇いも届かず、銃弾が篠原を襲うのである。享年41歳。

 西郷は運ばれてきた篠原の遺体と対面。日頃「お冬どん(おっとうどん)」と呼んで信頼していただけに落胆は激しく、涙を流し悲嘆にくれたという。



 ここからは うひたつ氏の考察を聞いたりしてなどからの推論。(^_^)

 篠原をはじめ薩軍幹部は戦争は本意ではなかった。しかし決起を煽る政府のやり方に、士族達を制止出来ない事態にまで発展したと判断。「薩軍とは“西郷隆盛刺殺の件で政府に尋問あり”とする使節団の護衛軍である・・・・」という大義をかかげ行動を収束しようとした。
 政府軍が万全の構えで攻めてくる前に、熊本城陥落という決定的に有利な状況を作って、政府の不正をアピールし、各地の士族と呼応して政府と対等に渡りあう・・・・。との考えがあったのではと思われる。

 だからこそ速攻で熊本城を開城・陥落させる必要があり、そのために補給兵站よりも熊本へ行軍することを優先したのではないだろうか?(詳細部の詰めの甘さはあるのだが・・・) 
 しかし熊本城では激しい抵抗を受け陥落できなかった。そして政府軍の南下・・・・戦果を上げず戦いを拡大継続する事は、篠原にとっては本意ではなかったのだろう。

 薩軍幹部の中で篠原は西郷の真意を色濃く受け継いでおり、西郷が戦争に総大将として参加しながら指揮を執らずにいる事から、「どん欲に進軍勝利することを望まない」と察したのだろう。高瀬会戦での政府軍の物資・体制の整った様子み見て「もはこれまで・・・・」と覚悟を決め撤退。吉次峠を「死地」と定め前線に立ったのかも知れない。

 西南戦争はとかく薩軍の敗北を無計画さにあるとして、政府軍の優秀さ・近代思想の勝利だという向きもある。しかしそれはあまりに政府びいきで表面的な見方ではないだろうか?
 戦争は当事者双方の問題がこじれて起こる訳で、一方の視点だけで見る事は偏ってしまう。そのような見方だけは“篠原のようなタイプの人物”は見えてこない気がする。



 玉名市(当時は高瀬)から植木へ抜ける国道208号。かつての街道と重なるこの国道は田原坂東側の谷筋を通って植木へ抜けている。
 田原坂は江戸時代初期、肥後の大名・加藤清正が熊本城防衛のため、街道を通行しやすい谷筋ではなく、勾配のある丘陵の稜線に通した。
 さらに街道を凹状に掘り下げて両側に壁を作り、左右に細かくカーブをつけて前方の視界を遮った。これによって非常に攻めにくく、防衛側は両側から自在に攻撃出来る。・・・・二百数十年後、この防衛線が威力を発揮した。
谷本計介戦死の碑
 田原坂で両軍が激突する中。熊本城では谷干城以下の鎮台兵が、薩軍の水攻め包囲の中で籠城を続けていた。
 谷本計介が政府軍主力へ救援の連絡の命を帯びて熊本城を脱出したのは、田原坂での戦いが始まる前の2月26日の午後1時頃といわれている。
谷計介の碑 位置
 途中までは岡本軍曹が道案内をつとめていたが、別れてからは一人で金峰山の東北を単独潜行。しかし吉次峠)で警戒する熊本・佐々隊の安岡義虎に捕らえられた。
 谷本は尋問をうけたが、まったく何も知らぬ者として装い通し嫌疑を免れている。記録では
「・・・・古びたぼろぼろの着物をまとい、縄の帯、よごれた手ぬぐいをぶら下げ、尻切れ草履を履いた色の黒い鼻の低い男・・・」とされ、どう見ても間者や密偵には見えなかったらしい。風体でわかるような間抜けな間者・密偵もいないとは思うが・・・・・。(^^;)

 佐々隊は谷本を人歩(人夫)として歩卒に繰り込み作業をさせていたが、隙を見て脱出に成功。熊本を出てから3日目の2月28日に高瀬の政府軍本営に達し、熊本城の状況を報告した。
 使命を果たした谷村は3月4日、田原坂の戦闘が好転しないことに憤慨し三好少将(第2旅団長)の引き留めを聞かず前線て戦死。享年25才。田原坂・二の坂には谷本計介の碑が立っている。



谷本計介:宮崎県諸県郡倉岡生まれ、明治5年徴兵により熊本鎮台に入隊。明治7年2月佐賀の乱に
     際して戦功をあげ、6月陸軍伍長となり、征台の役にも従軍している


西南戦争ツーリングレポート


 
 
(3の続き)4/16(晴れのち曇) 
 急ぎやまなみハイウェイをゆく2台のバイク。道はすいて対向車も滅多に来ない快適さ。右に左に適度のつづくカーブが心地よい。快適で安定したな速度で、カーブを重ねる走行は、バイク乗りにはとても心地よい。絶妙なバランスはクルマでは得られない楽しみ。
 視界は開けて雄大なくじゅう・飯田高原が見渡せるようになる。その中で田が広がる一角が千町無田、OPEN間もない”やっさ”んの旅人の宿、ログハウス・貸別荘「星座」はその中にある。
 やっさんこと、安高さん。出会いはあるネットの掲示板で、satounoが書き込んだことから。そこからHPを作るところまでは、わずかな時間であったといえ、一度もお会いしないまま発展していた。

 通りの先まで出迎えてくれたやっさん。初めての訪間なのにバイクを見て合図を送ってくれる。初対面とは思えない近い感じがした。良きネットのやりとりは、時間や距離を超えて互いの姿が見えてくるのだろうか。(5へつづく)
ログハウス・貸別荘「星 座」
    
「星座」 はこちら↓↓


西南戦争の部屋TOP
風色倶楽部INDEX